TEL:028-633-0201

栃木県宇都宮市一番町1-18

宇都宮 脳神経外科 脳ドック ペインクリニック 肩こり 頭痛 腰痛 パーキンソン病|宇都宮脳脊髄センター

診療領域

  • マロエニ建築・景観奨励賞(建築物)受賞
  • English available
  • 検診の予約はこちらから

病気に関してご心配なことや早期発見、予防や治療に関して、なんでもお気軽にご来診のうえ、ご相談ください。

脳神経外科の病気

脳脊髄検診・脳ドック(予約制 保険外診療)

最新鋭のMRIを用いて、脳動脈瘤などの脳血管の異常、脳の状態を診断します。
また頸椎症、脊髄圧迫や、頸動脈の動脈硬化などを見つけます。
診断をうけるだけでなく、治療のエキスパートと、これからの方針についてよく相談できます。

脊髄腫瘍

1)脊髄腫瘍について

当グループにおいては脊髄腫瘍の症例が、全国から紹介されて、多く治療されています。
脊髄腫瘍では約500件の手術治療の実績があり髄内腫瘍は230件、髄外腫瘍は260件です。

いずれも神経機能を温存する精度の高い顕微鏡手術をおこないます。さらに当グループの手技の特徴としては、背骨の柔軟性、安定性のために重要な、筋肉と骨の働きを損なわない手術法で脊髄に到達することです。

脊髄髄内腫瘍は、下に示すように多様であり、豊富な経験にもとづいた正確な病理診断の能力が重要です。

Aなら全摘出、Bなら摘出をあきらめて放射線治療などといったカテゴリーを当てはめる考えでは不十分です。当グループでは、神経腫瘍病理学の専門家を内部に擁し、免疫組織化学と遺伝子・染色体解析の技術を駆使して、診断と治療方針の決定を行っています。ほかの大学から、診断に苦慮して送られてくる症例も多く、国内での終着駅といえるでしょう。脊髄の病変が腫瘍かどうか疑わしいときにも安全に組織診断(バイオプシー)して治療方針を確定する能力を備えています。腫瘍は、部位、大きさや種類によって、状況が異なり治療の経過も異なりますので、見通しの詳細についてはぜひ外来を受診されてご相談ください。
もちろん手術中の神経伝導機能のモニタリングの体制も万全にとっておりますが、偽陽性の確率も高いのでこの所見のみに偏重することなく、手術をおこなっております。

髄外腫瘍も、骨格筋肉を大切にすることは同じです。腫瘍が大きい場合、可動性をよく判断して、不必要に大きな背骨の破壊を避けるように留意しつつ安全に摘出しています。
治療の必要性、時期に関しても判断力が重要です。詳細は外来でご相談ください。

髄内腫瘍 230
血管芽腫 37
上衣腫 52
海綿状血管腫 43
上衣下腫 10
星細胞腫 45
悪性膠芽腫 6
神経節細胞腫 6
脂肪腫
そのほか胚細胞腫、転移性腫瘍、神経鞘腫など
4
髄外腫瘍 250
神経鞘腫 151
髄膜腫
そのほか上衣腫、血管芽腫、滑膜肉腫、血管腫、孤発線維腫、転移性腫瘍など
38

2)脊髄空洞症―大後頭孔減圧術
空洞症は多くの場合、小脳の扁桃が下垂して、頭蓋の底部(大後頭孔)からはみ出して、頭蓋と脊椎の間での髄液の流れを妨げることで発生します(キアリ病態)。ほかには、髄内腫瘍に伴う場合、外傷のあとなどでは癒着性クモ膜下炎によることもあり、まず的確な診断が必要です。キアリ病態に対しては標準的な治療法は、大後頭孔減圧術をおこなうことです。若いかたにおこることが多く、頭の姿勢維持に大切な筋肉をいためることなく、有効な減圧をはかる方法を確立して安全に治療しています。150件の手術治療の実績があります。

3)頚椎症、後縦靭帯骨化症、脊柱管狭窄症などの頸椎手術
20年にわたって、頸部の筋肉の働きを大事に考え、すべての筋肉が骨についたままで脊柱管の中身を広げる手技(筋層構築的棘突起椎弓形成術)を考案し用いております。術後の頸の痛みや変形をほぼ完全になくしただけでなく、頸椎の生理的な姿勢、彎曲が回復し、術前になやましかった頸の筋肉痛が取れることは、80%くらいの頻度、確率です。個別の状況によって症状の改善の見通しは異なりますので、外来を受診してよく相談されるとよいでしょう。2,800件以上の手術経験の累積があります。
合併症率は、術後にリハビリ入院を必要とするほどの影響が出た方は3人(0.1%)、うち2人は3か月から6か月で復職しました。一過性の知覚過敏は10%程度、肩の筋力が2-3か月、一時的に低下することは1%程度の頻度で出現します。

4)腰部脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、椎間板ヘルニアなどの腰椎手術
頸椎手術のために開発した方法を腰椎用に改変し、筋肉を骨からはがすことなく、骨の操作も最小限で不安定性をきたすことのない手術を行っています。脳神経外科が得意とする顕微鏡手術を駆使し、骨と筋肉をすべて残しながら、神経の圧迫をとることをおこなっています。本来の力学的支持構造をすべて残すので、長期的に問題の多い金属インプラントによる固定を避けることができます。病態ごとに状況、手術の方法は異なりますので、外来で受診のうえ、判断ください。手術治療実績は約1,200件です。

ペインクリニック神経外科の病気

首や肩、腰、膝その他の痛み全般に応じます。
痛みでお困りの方はご相談ください。

心臓血管内科

不整脈、狭心症、心筋梗塞、動脈瘤など、心臓の病気全般についてご相談ください。

一般内科

内科全般にわたりご相談ください。必要に応じて専門医をご紹介します。
各種予防接種に対応します。

PAGE TOP